中居正広金スマの「赤服」メンバーだった時の思い出を語ろう

NJK2_akaichuriputex_TP_V

タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女。」ボーカル川谷絵音との不倫報道。
ベッキーの方がしばらくタレント活動を休業していたけれども、3ヶ月程の謹慎の後、復帰番組第一弾となったのがSMAPの中居くんが司会を務めるTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」だった。

以前の番組名は、「~金曜日のスマたちへ」だったが、SMAPの解散報道のあった時くらいの今年の2月に「~金曜日のスマイルたちへ」と変更された。

この番組にはSMAPの中居くんと他出演者やゲストが前のセットに座っていてVTRなどを観ながら軽快なトークを繰り広げるのだが、出演者の後方には少々バブル時代を彷彿とさせるどぎつい真っ赤なミニスカスーツをパリッと着こなした若い女性達がずらっと総勢100人並んでいてこれななかなか壮観な眺め。
通称「赤服」「赤い人」とか「赤の人」などと呼ばれているようだ。

彼女たちは基本的に何も語らず綺麗に足を斜めに流しつつ高めの椅子に座り、特に話が振られるわけでもなく(たまに商品紹介や企画で話す特別枠の女性もいるけれど)たまに笑いどころで笑ったり拍手をしたり多少のリアクションを取ったりする。

他の番組観覧とは違い、司会の中居くんや他の出演者の真後ろに整列して座っていて、また距離も非常に近い。
そして、特に中居くんや出演者の顔がアップで映ると、すぐ後ろに座っている赤い服メンバーの顔も意外とよく見える。

実は自分が大学生の頃、この「赤の人」メンバーの仕事をしていたことがある。

まあ言うなれば「番組観覧のエキストラ」的なものなのだけども・・・。

スポンサードリンク

金スマ「赤の人」の内訳は様々

以前は確か赤の人の募集は公にはあまりしていないようだけれども(記憶違いの可能性もあるので何とも言えないが)今はTBSの公式HPにしっかりと

《金スマスタジオ女性100人通称『赤』大募集!》

となっている。

他にも検索すると、「アプローズ」というエキストラ会社でも《赤服レビュラー募集!》となっているようだ。

ちなみに自分が赤い服メンバーになった経緯は、当時所属していたいわゆるモデル事務所からの紹介だった。

恐らく、色々な媒体から募集をされて集まっているのだろうと推測される。

赤の人になったわけ

大学生の頃、自分はとあるモデル事務所の二軍カテゴリーの部署に所属していた。なぜ所属していたのかはこの記事の内容からは外れるので今度別の記事に気が向いたら書こうと思うので割愛。
あくまで二軍カテゴリーなので、主に紹介される仕事といえばテレビドラマのエキストラだとかあまり有名でない広告のモデルだとか、誰にでもできそうな類の仕事ばかりであった。

そして、自分に来たのは金スマの赤い服メンバーの仕事だった。
特にオーディションや事前申込はなく、「もし都合があえば参加して下さ〜い」という紹介方法だった。

あまり覚えていないが(かれこれ10年くらい前なので・・・)たしか平日の昼過ぎから夜8~9時くらいまでの拘束時間だったと思う。ギャランティーは内緒。

当時は暇な大学生だったので平日収録も全然OK。軽い気持ちで参加してみることにした。


赤い服メンバー達がTBSの一角に集合

初めての金スマ収録に参加する際、事務所から集合場所をメールで知らされた。
場所はTBS本社の巨大な正面玄関とは少し離れた別の小規模な玄関。
入ると壁には『番組の○○が視聴率何パーセント達成!』などがデカデカと書かれた紙が沢山貼ってあったので、多分社員用やスタッフ用の入口なのだろう。
中のエントランス広場も狭く、そこに私服姿の赤い服メンバーの女の子達がぞくぞくと集まっていた。

大体自分と同じくらいか少し上くらいの女の子達で、みんな意外と街中にいるような普通の女の子達ばかりだった。

ただ中には物凄く美人や可愛い子もいて、そういう子は多分中居くんや出演者のすぐ後ろやカメラに映りやすい場所に座る子達なのだろう。

ぺちゃくちゃと数人で話している子もいれば、私のように一人で来ていて静かにしている子と大体半数ずつ位だった。(当時はスマホがないので1人の人はみんなガラケーを弄っていた。)

たしか30分くらいたって、番組のスタッフの人が女の子達に召集をかけ、簡単な名簿チェックをして全員列になってテレビ局内に入っていった。(この辺うろ覚え)

広い会議室に「赤の人」が集められ、長時間待機

入り組んだテレビ局内をぞろぞろ歩かされ、建物内の広い会議室に女の子達がみんな入っていく。
そこは備え付けの長机と椅子がずらりと並んでいて、普通の広い会議室。
そこが赤い服メンバーの控え室に利用する部屋だった。
100人いる人数のうち50人50人で二つの会議室を使用していた。

そして着替えを渡されたのだか置いてあるのをとったのかは詳しくは覚えていないが、みんな例の赤い服に着替えてあとはひたすら待機していた。
この時間がかなり長く、多分2、3時間は待ったと記憶している。

おしゃべりをしたり、睡眠をとったり、携帯を弄ったり・・・みんな各々好きなように時間をつぶしていた。

しかし、先ほど赤い服メンバー達をどこにでもいるような普通の女の子たち、と形容していたが、全員例の赤い服を着て同じ姿をしていると、妙な統一感が出て、さっきよりもなぜかみんな少し綺麗に見える。

女子高生やチアリーダーなど女の子が集団でいるとなぜかみんな可愛く見えたりすることを『チアリーダー効果』というらしい。
例えば集団の中に大体が普通のルックスだとしても、数人可愛い子が混ざっていれば、他の子達も不思議と可愛い子に見えるた錯覚する・・・ようだ。少し分かる気がする。

モー娘。や、この時はまだ結成されていなかったけどAKBとかもこの錯覚を利用しているのだとかしてないのだとか。

自分も例の赤い服に着えたが、思いの外着心地が良かった。
現在の赤い服は、上着の胸の部分に紺色の装飾が少しあるけれど、自分が着た時代の赤い服は、装飾がなにもなく、現在よりもっとシンプルだったと記憶している。途中で衣装が変わったのかな?

お昼過ぎに集まって、その後はひたすら待機。次の動き(収録スタジオへの移動)があったのは夕方の5時6時くらいだった。

TBS社内を赤い服メンバーが大移動の図は中にいる自分も少し笑ってしまった

スタッフからの召集がかかり、また先ほどのように一列に整列してぞろぞろと建物内を赤い服メンバー達が移動した。

先ほどは会議室への移動はみんな私服だったので、まあ別にその情景は普通だったのだが今度は少し違って、みんなあの例のバブリーな赤いスーツを着てゾロゾロと細長いテレビ局の廊下や階段を移動する大移動の様はなんだかおかしくて心の中で笑ってしまった。

スタジオでも赤の人は長時間待機

スタジオに入り、一人一人椅子に座る。場所はすでに指示されていて、(いつ指示されたか覚えていない)スムーズに座っていくのだが、私の場所はと言えば、
一番後方の一番端っこ
だった(笑)初参加だったからだろうか?

まず番組観てもこんな端は映らんだろうなってレベルw(自分自信が参加した放映も一度も観てないので何とも言えないが)

まぁ出演料がいただけるだけでありがたいです。

出演者が来るまで、ひたすら待機

少なくとも30分以上は待機していたと思う。この間、とある若手のお笑いコンビ(今では結構名が知れている)が前座としてコントを披露しにきた。

しかし後ろだったのであまり声が聞こえなかった。

出演者のスタジオ入りを拍手で迎える

夕方になって、ようやく出演者達のスタジオ入りとなった。

1人ずつ入ってきて、それを室内にいる全員が拍手で迎える。

その後は意外とサクサクと収録が進んだ。
VTRを観たり出演者同士のトークがあったり。この辺りは割愛。

カメラが回ってない時間は出演者同士意外とフランクに会話をしていた。
当たり前の話だが、距離が近いものの、出演者とエキストラである赤い服メンバーとの接触はナシ。

ただ、今は亡き飯島愛だけは対応が違った。これはすごく記憶している。
飯島愛だけは、すぐ後ろにいる赤い服メンバーの子達ともカメラ休憩の合間、少しだけ会話をしているのが後ろの席から見られたのだった。ああ、エキストラにも優しい人なんだ、とその時思った。

収録が全て終わるとその後はまた大移動で控え室に戻り、着替えて解散した。

自分が参加した収録で少しだけアクシデント発生!

・・・と、いうのが収録の大体の流れなのだが、自分が参加した収録に少しアクシデントが起こった。
そのアクシデントとは、収録の途中少し揺れの激しい地震が発生したことだった。
かなり大きめの地震で、多分震度4くらいだったと思う。スタジオの天井に吊るされている小道具やライトがかなりグラグラ揺れていて、周りが一瞬動揺した。
幸い、その一回の揺れだけですぐに収まり、大事には至らなかったが、隣の女の子の会話で
「もし死ぬなら、一人っきりよりこんな場所でみんなで死んだ方が怖くなくて良いよね^^」
と言っていたのを、なぜか今でも鮮明に記憶している・・・。
あの娘は今も元気だろうか^^;

金スマ赤服メンバー体験のまとめ

以上が、もうかれこれ10年くらい前の金スマの赤い服メンバーだった時の思い出である。

かなり前のことなのでもう忘れているかと思いきや、書き出してみると意外と覚えているもんだなwという印象。

ちなみに、「赤の人」だった時の写真などは探したけれどもどこにもなく、同じようにエキストラで参加していた、同時期のTBSの別番組『細木数子のズバリゆうわよ!』の「白い人」時の写真はフォルダの奥底から見つかった。
「白い人」の時の控え室はなぜかブルーシートが敷かれた広い一室だった・・・。

ズバリ言うわよ白い人

今思い返してみて、さすがに若い(笑)眉毛細すぎだろw

まあ、社会人になったらこんな経験はもう基本的には出来ないわけで、若いうちだけできる貴重な経験の一つとして大学生の時に色々と体験出来て良かったなーと30代の今頃になって思う今日この頃です。

ドッチでした~。

↓こんな感じのギャルがいっぱいいて目の保養になったよ☆

スポンサードリンク
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    こんにちは♪
    私、いつもあの赤いお姉さん達が気になっていました。
    ドッチさんも赤いお姉さんだったんですね!
    ドッチさん、お綺麗ですもんね♪
    裏話、楽しく読ませて頂きました(*^o^*)

  2. ドッチ より:

    栞さん
    コメントありがとうございます。
    はい・・・かなり昔の話過ぎてアレなんですが、くだんのベッキーのニュースで
    ふと昔の思い出が蘇って来て・・・ついブログのネタにしてしまいました(笑)
    今となっては若かりし頃の良い思い出です^^