オタク同士が恋愛結婚して良かったことと困ること。

おたく彼女

オタク同士の結婚なんて特別変わったことじゃないけど、実際したらしたらどんな感じなの?

と昔はよく思っていました。

多分世間的見て、自分たち夫婦はいわゆるオタク同士での結婚。

10年前に知り合い、
9年前から付き合い始め、
4年前に入籍
3年前に結婚式
2年前に第1子が誕生。

ごくごく普通の人生を歩んでいます。

夫婦の数だけそれぞれの特色があるし、オタクの中でも種類は様々だし、特段お互いがオタクだからって何も特別なことは何もないけれども。

それでも、なぜ「オタク同士の結婚」について色々案じていたかと言うと、やはり普通のカップルよりも関係性はやや特殊なのではないか?との思いがやはりあるからだと思います。

彼氏彼女時代、デート場所がまんだらけやコミケ会場というのはやはり大きな声で言えることではないですし、お互いのプロフィールも、

夫・特撮オタク。大学生の頃は特オタサークル部長をしていた。卒論もそちら関係。戦隊・ライダー・ウルトラマンは毎週欠かさず見て録画。漫画好き。ジャンプ好き。それに加えて嫁である私が産後の里帰り中にアイドルグループ「でんぱ組.inc」にはまり30間近にしてドルオタの片鱗を見せ始める。

私・小学生からアニメ好き。中一くらいから友達がいないため毎日学校に行くのが苦痛だったけれど、「曲がり角を曲がったらスレイヤーズのゼロスがいる」と妄想することで自身の精神を保つ、強固なイマジネーションを習得。お陰でなんとか不登校せずに学校に通えた。その後はジャンプ作品にハマり、同人誌を買い漁るため高校生の頃から一人でコミケに行っていた。

・・・。夫の経歴はまあ普通として、私の経歴は・・少し難あり、かな(特に中1のくだり)

英語が大の苦手でしたが、長いスペルで「XELLOSS」だけは自信を持って書けてたよ・・・。

こんな輩は多分世間的に圧倒的に少ないであろう(と思いたい)ので、少々このマイノリティーな立場を振り返って記事を書くことにしました。

スポンサードリンク

オタク同士結婚して良かったこと

お互いの趣味に理解がある

全くオタク趣味じゃない人と比べて格段に理解があります。
実情を知ってる、と言いますか。
あーはいはい、そっちの畑の方ですか、的な。

よほど心を許す関係でない限り、自身のオタク趣味を隠す「隠れオタク」の人も多いですが、

もし内緒のまま付き合って相手がBL好きやコミケに行く人間を生理的に嫌悪するタイプだったとしたら、、、当然ながらそこで恋愛関係が破綻するのは想像にたやすいでしょう。

その点オタク同士ならば多少ジャンルは違っても「お互い様」な関係でいられます。

デートが気楽

これはオタクに限らずですが、趣味が近いとデートも楽しいです。そして変に気が張らず疲れない。気楽。←これ重要。

自分にとって、もし彼氏や旦那が夏フェス好きやらBBQを毎夏何度も楽しむようなタイプだったと想像したら・・・だめだ、考えただけで神経が消耗しそう。

自分が求めてるのはEXILE的なオラオラ君やテニサーリア充君などでなく、断然まんだらけやホビーショップでデートをゆったり楽しめる相手でした。

というか、そもそも自分がこんな人間なので、EXILEもテニサーも遠いおとぎ話の世界の人なだけw

絶妙な距離感を理解しやすい

オタク趣味に理解あると言っても中には踏み込んでほしくない領域があったりしません?

例えばとあるジャンルについて私の場合、

「夫と話すのもなあ・・・」

的な時がたまにありますが、夫は雰囲気を察してか、あまり聞いてこなかったりします。(ただ単に興味が無いだけだと思いますが)

逆に自分自身も「夫にとってこの話題は地雷かな?」ということが、なんとなく分かったりします。

オタク同士結婚して困ること

趣味の浪費をしがち

別にこれはオタクに限ったことではないけれども。オタクでも浪費しない人だって沢山いるけれども。

しかし、一般的に言って、趣味に対する物欲は強い人が多いと思います。

フィギュアやDVDなど「集めてナンボ!」という種類の趣味も多いですからね。

自分の場合、特に結婚してから自分が家計を締めるようになり相手のクレジット明細をチェックしだすと、

「なんで一ヶ月にこんな色々DVD買ったりダウンロードしたりできるんじゃ〜」

と多少イライラするようになりました。(自分は自然と結婚後、趣味を大分抑えるようになったので余計そう思ったのでしょうね)

しかしこの現状でもし嫁がオタクに理解のない人だったら・・・それこそ旦那の趣味の物を怒って捨てたり咎めたりする人もいるかもしれない。(発言小町沙汰になりそうな事案)

旦那には、こんな寛大な私をもっと感謝してもらいたい!と思う今日この頃です。

家の中に物が増えまくる

スラムダンクにドラゴンボールにジョジョに聖闘士星矢に北斗の拳etcは旦那が絶対手放せない全巻漫画。さらにフィギュアや写真集やDVDetcetc。

・・・ん?ほぼ全部夫の物だった・・・(小怒)

(自分は実家の姉や弟にオタクグッズを託しており新居には持ち込んでいない)

狭い家だと特に趣味関連の物に圧迫されてしまう。
我が家は2DKなのですでにぎっちぎちです。

子どもが生まれるとさらに輪をかけて物は増えるため、これはもう、子供の数+1名子どもがいる感覚でいるしかないでしょうね。

オタク同士が恋愛・結婚するには?

夫と私は大学時代、当時全盛期だったmixiを通して付き合ったのですが、今はTwitterやらFacebookやらsnsの普及で、趣味が近いもの同士が簡単に繋がれて知り合えるチャンスが格段に増えましたよね。

最近ではオタク婚活オタク街コンもあるそうですし。

元からオタク限定で相手探しをすれば、「相手がオタクに理解がなかったらどうしよう・・・」とか考える必要はないですから無駄な心配がなくて良いですね。

オタク同士の恋愛・結婚本

今は色々出てますね!

まとめ

なんだかんだ言って、楽しい毎日を日々送れているのは、本当に夫のおかげ。あざーす!

スポンサードリンク
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする